Python, 数学, 統計学

Python 偏微分で大満足カレーを作る

Python 偏微分で大満足カレーを作る Matplotlib

寄稿しました。

 

 

 

大満足カレー物語

いつでも美味しく食べられる国民食”ドンカレー”の成功で大富豪と知られるシファーナさんが街で小さなインドカレー屋を営んでいた時のお話。

新製品の開発を考えた結果、カレーのとろみ度とスパイス量が満足度に直結するのではないかとシファーナさんは考えました。そこでカレーのとろみ度X、スパイス量Yをそれぞれ僅かに変化させたカレーでモニターアンケートを取ることで満足度Zとした調査を行った結果、

散布図から下の関数が出来ちゃいました、とさ!

Z = -5x^2 + 4xy -2y^2 +6x +2y +1

// 関数の求め方は最小二乗法

@see

満足度Zが最大になる、とろみ度X、スパイス量Yを求めて大満足カレーを作りたいのです。

 

XとYで微分する

  • xで偏微分: -10*x + 4*y + 6 = 0
  • yで偏微分: 4*x – 4*y + 2 = 0

これを連立してとろみX, スパイス量Yを出すのですが、計算とか難しい・・・!

偏微分とか面倒クサイ。

難しいことはコンピュータさんに任せましょ~!

 

まず作図してみる

 

大満足カレーグラフの出力

この頂点が大満足ポイント!

 

 

SympyとNumpyで偏微分+連立しちゃおう!

 

 

じゃかじゃん!でました。

とろみ度Xは4/3, スパイス量Yは11/6で大満足カレーが完成ですね~!

 

お疲れ様です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)