カテゴリー: AWS

AWS

AWS EBS ルートボリュームの拡張

  先に結論 2つの方法を検討する AMIからボリューム拡張した複製サーバを作成する EC2インスタンスを停止させてからEBS拡張する 例外として、 ローカルIPの変更が許されない場合に、スナップショットを取得したうえでEC2を動作させながらEBS拡張する。 理由として、シンプルに行うことがシステム稼働の安全につながる。 // 2017年頃のAWS EBSのアップデートにより、EC2稼働 …

AWS

AWS SQS Queueの用途

  Queue(キュー)サーバを利用するメリット サーバの処理を分離することで非同期処理が出来る →ユーザを待たせない、ユーザ体験の向上 アプリ処理の分離、ログ入出力を分離出来る →疎結合なシステムの実現   AWS SQSを利用するメリット サーバレス Queueサーバが単一障害点にならない 高可用性、高障害耐性のサーバレスとして管理せずにすむ 障害に強い EC2側に障害が起 …

AWS

AWS ソリューションアーキテクト アソシエイトのお勉強

  AWS  Well-Architected フレームワーク AWS Well-ArchitectedとはAWSでインフラ構築を行う設計原則 安全かつ高パフォーマンス 障害耐性 効率的なインフラ構築 AWS Well-Architectedで構成されているかレビューするツール「AWS Well-Architected Tool」がある。   フレームワークの構成要素 一般的な …

AWS

AWS SSMでSSHクライアントレス

AWS SSM     寄稿しました。   Amazon Linux2に標準でインストールされていて、クライアントサーバを操作する際にSSHクライアントを使わずにSSMの実行サーバから一斉に処理をかけるといったことが可能です。   環境 OS: Amazon Linux2 EC2構成 SSM実行サーバ SSM-Manager SSMクライアント SSM-Cl …

AWS

AWS RDSからAuroraへの移行

Auroraファースト @see 賭博黙示録カイジ 最初からAuroraを使うのだ! あるいは使わないのだ。 「下手にコストを考えて小出しにRDSを使うのはダメなんだ」 →それならEC2にDBサービスを入れる戦略を取る コストを気にして下位のRDSを採用するぐらいだったら使わない →WEBサーバがクラスタ構成、DBにリードレプリカが必要になってからRDS, Auroraを採用する どんなサイトやシ …

AWS, 思考と思想

光が遅すぎる問題 海外ネット対戦で見るAWSレイテンシ

    ゲームのフレーム計算 60フレーム(F)=1秒」「1秒=60フレーム(F) 1F = 1/60 = 0.01666666666秒     日本とブラジルの距離、光速度 日本(中央区)からブラジルまでの距離17348 km 光の速度:30万km/秒     光がブラジルまでに到達するまでの時間   光が日本からブラジルまで …

AWS, Linux

AWS EC2でタイムゾーンがおかしいを解決

    タイムゾーン設定 tzdataをインストールか再インストールして、WEBサーバに読み込ませる。

  WordPressであれば一般設定 >> タイムゾーン 『東京』 これでOK!     日本時間設定 [crayon-5cc041d00d8a2640675180/ …

AWS, SEノウハウ

AWS RDSのパラメータグループの注意点

  必ず「DB作成より先にパラメータグループを作っておく」 DB作成時は自分で作ったパラメータグループを設定する 決してデフォルトパラメータグループを利用してはいけない   なぜデフォルトパラメータグループではいけないのか? パラメータの変更が出来ない 変更を行うには自分でパラメータグループを作る必要がある。 さらに作ったパラメータグループをRDSの変更から付け替える必要がある …

AWS

ELB(ALB)1つで複数のバーチャルホストに対応する Host-based routing

1つのサーバに1ドメインが理想ですが、節約する為に1つのWEBサーバにいくつもドメインを抱えることは一般的です。 そこでAWS ALBの【ホストベースのルーティング】と【ターゲットグループ】を組み合わせることにより、複数のバーチャルホストが設定されているEC2に対して個別にルーティング設定が行えます。これらの機能を実装することによって、構成がコンパクトになり1つのALBとEC2で済むので、AWSを …

AWS

S3 Elastic Beanstalkで作られたバケットが削除出来ない

  Elastic Beanstalkで作られたバケットが削除出来なかった   バケットポリシーの編集

Denyとなっている箇所を探して、Allowに書き換えて【保存】を行う。   改めてS3のバケットを削除を行うと成功した。    

AWS

RTX1100 AWS VPS拠点間接続(IPSec-VPN)

RTX1100 でAWS VPCにVPN接続 クラウドに開発環境を作ろう 寄稿しました。     環境 ルータ:RTX1100 接続先クラウド:AWS VPC 回線:NURO 技術要素:YAMAHA RTX1100, AWS VPC, VPC Subnet、ルートテーブル, AWS VPN Connection , 仮想プライベートゲートウェイ VPN Connection, …