タグ: RDS

MySQL, AWS

AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【誤ったクエリ発行からの復旧】

  RDSのクエリ単位での復旧手順 ソシャゲとかECで、バグでアイテムを9999999999999個大量配布しちゃった時に、スーパーメンテナンスタイムからの問題あるクエリを回避しつつの真のリストアで通常運営できる状態に復旧します。 前提条件 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【下準備編】   RDS MySQL DBダンプコマンドのコツ   関 …

MySQL, AWS

AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【汎用 RDSのディスク障害からの復旧】

      前提条件 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【下準備編】 RDS MySQL DBダンプコマンドのコツ     関連 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【下準備編】 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【汎用 RDSのディスク障害からの復旧】 AWS RDS PITR …

MySQL, AWS

AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【下準備編】

  関連 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【下準備編】 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【汎用 RDSのディスク障害からの復旧】 AWS RDS PITR+ロールフォワードによるリカバリ 【誤ったクエリ発行からの復旧】   RDS側作業     binlog保存期限設定   24時間の保持に設定 …

AWS

RDS MySQL DBダンプコマンドのコツ

  パラメータグループ作成 // デフォルトパラメータグループを使っている場合     この値を適用する   MySQLのdumpコマンド   リストアする時にひっかかるパラメータを十分に排除する必要があります。    バックアップスクリプト     Amazonおすすめ iPad 9世代 2021年最新作 iPad 9世代出た …

AWS, 優総研

ポートフォリオ制作なうなんだが…その1

          最短で完成を目指す。   ※雑記。現状は参考?にするのはおすすめしません。最後に整理します。   内容 本の感想投稿掲示板 + Google Books APIとのマッシュアップ 他書評サービスのコミュニティ機能があまり使われておらず成功していないから、Yomuyoは本好きの間で小さくてもコミュニケーションが …

AWS

AWS RDSからAuroraへの移行

Auroraファースト @see 賭博黙示録カイジ 最初からAuroraを使うのだ! あるいは使わないのだ。 「下手にコストを考えて小出しにRDSを使うのはダメなんだ」 →それならEC2にDBサービスを入れる戦略を取る コストを気にして下位のRDSを採用するぐらいだったら使わない →WEBサーバがクラスタ構成、DBにリードレプリカが必要になってからRDS, Auroraを採用する どんなサイトやシ …

MySQL, AWS

AWSでのMySQLデータ生存戦略

  MySQL on EC2 EFSをマウント mysqldumpのスナップショットを定期で取ってEFSに出力 バイナリログを–result-file=で指定してEFSに出力 合わせて、   Cronを5秒ずつ程度走らせてバイナリログをS3に同期してバックアップ CloudWatchにもログを出力   MySQL on RDS 5分毎にSnapshotが走っている仕 …

AWS, SEノウハウ

AWS RDSのパラメータグループの注意点

  必ず「DB作成より先にパラメータグループを作っておく」 DB作成時は自分で作ったパラメータグループを設定する 決してデフォルトパラメータグループを利用してはいけない   なぜデフォルトパラメータグループではいけないのか? パラメータの変更が出来ない 変更を行うには自分でパラメータグループを作る必要がある。 さらに作ったパラメータグループをRDSの変更から付け替える必要がある …

MySQL, AWS

RDS MySQL, PostgreSQL スロークエリ関連ログの出力

    パラメータグループを変更させてスロークエリを有効化させる   MySQL slow_query_log 許可された値:1 or 0 スロークエリログを有効化する場合は1 general_log 許可された値:1 or 0 すべてのログを出力する場合は1 log_queries_not_using_indexes 許可された値:1 or 0 インデックスを利用し …

AWS

AWS RDSの選択について

    原則 Multi-AZで運用 Multi-AZはスレーブのほうからバックアップを取得するので停止しない。 単一のインスタンスでは、自動バックアップ時にストレージアクセスに数秒のI/Oロックがかかるから、ただしロック中もクエリは消失しないことは安心出来ます。 設定変更、メンテナンス時間での停止時間の最小化 Multi-AZならダウンタイムが1~2分になるので最小化出来る …