Python NumPyで三角関数の合成

正弦関数と余弦関数の合成のグラフも簡単に作れます。

 

荒ぶる正接関数のグラフ

 

sin(x)同士でかけ合わせることで、-同士の掛け算だから-がなくなります。
周期も1/2になっているね。

 

sinxとcosxの積は1/2sin2xになりました、
sinxと比べて、振幅が1/2で、周期は2倍早くなっています。

 

一見複雑ですが、広く見ると周期しています。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)