マネジメント, 経済学

テイラー 科学的管理法, 感情の論理

 

科学的管理法

科学的?

  • 科学的 ≒ 客観的
  • 科学的要素 = 作業の標準化と時間研究

 

目的

タスク管理により能率をあげること、差別出来高給により労働者を管理でき、意識改革をはかることにより労働者と経営者ともに共存共栄し繁栄させていくことを目的とした

  • 経験や習慣、ベテランの勘を排除する
  • 労働者の仕事に対しての評価を数値化する

 

1. 課業管理

  • 作業の標準化
    作業を分解・切り出してマニュアル化する。
  • タスク化
    標準化した作業を合理化し、
    分解した作業時間を1つ1つ計測すること = 動作研究
    により細かなタスクに出来る
  • 工程
    タスクを組み合わせて、合理的に工程にする。
    時間軸を考え並行作業を合理的に計画する

熟練の作業者が1つのタスクを行う時間1日にこなせる量の計測、勘によって行っている手順やノウハウについて研究して誰でもこなせるように標準化した

 

2. 差別出来高給

  • 報酬の2本立てで労働意欲アップ
    タスク達成で高い給料
    タスク失敗で低い給料にすること

 

 

3. 職能別職長制

  • 部門毎に中管理職となる職長を設置し管理を行う
  • 中間管理職の仕事は作業者の仕事を適切に評価し、工程を管理する

 

 

 

感情の論理

  • 労働者は効率性や合理性、金銭報酬の見返りによる採算性だけで動くのではなく、
    組織への愛着上司や同僚との関係性雰囲気に左右されながら感情によって労働を行う
  • 科学的管理法の見地だけでなく、労働者の「感情の論理」からコントロールすることで組織運営を合理化する手法
  • 労働者の生産性や効率性を向上させるには、人間関係のアプローチも必要

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)