開発

【Git】git pull origin productionできない

git

サーバをリプレイスしたら、

GitLabからのWEBフックでデプロイが動かなくなっていたので対応ログ

 

 

設定項目の一覧を表示

$ git config -l

 

設定ファイルを直接編集する

$ git config -e  # ローカル
$ git config --global -e # グローバル設定
$ git config --system -e

 

グローバルセッティングのuserの値を設定

$ git config --global -e


[user]
        email = yuu3@example.net

 

 

 

pullするユーザにパーミッションに合わせる

# chown -R ec2-user:ec2-user .git

 

$ git pull origin production

Bad owner or permissions on /home/ec2-user/.ssh/config
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

 

 

$ cat /home/ec2-user/.ssh/config

Host gitlab.com
  Hostname gitlab.com
  User git
  IdentityFile ~/.ssh/gitlab.rsa
  PreferredAuthentications publickey
  IdentitiesOnly yes
  Compression yes

 

コンフィグファイル権限設定

$ chmod 600 /home/ec2-user/.ssh/config

 

$ git pull origin production

Warning: Permanently added 'gitlab.com,172.65.251.78' (ECDSA) to the list of known hosts.
Permission denied (publickey).

この場合は鍵が悪い

 

鍵を作成

$ ssh-keygen

 

  • GitLabの右上のユーザアイコンからSetting > SSH Keysで公開鍵を貼り付ける。
  • ~/.ssh/gitlab.rsaに秘密鍵を設置して
$ chmod 400 ~/.ssh/gitlab.rsa

 

 

$ git pull origin production

pullできたのでこれで終わりじゃ!

 

 

 

@see

 

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)