YAMAHA, ネットワーク

YAMAHA RTXのコンフィグバックアップ、リストア

YAMAHA RTX USBとTFTPでのコンフィグバックアップとリストア

寄稿しました。

 

USBを使用したコンフィグのバックアップとリストア

 

まずは動いているコンフィグナンバーを確認しましょう。

# show environment

(略)

Packet-buffer:   0%(small)   0%(middle)   5%(large)   0%(huge) used
Firmware: exec0  Config. file: config0
Default firmware: exec0  Default config. file: config0 ←確認

(略)

 

# show config list

No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2018/04/05 08:06:02    4369 124/124
  0.1 2018/04/05 08:06:02    4369 125/125
  0.2 2018/01/15 16:54:39    4733 126/126
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------

config0が使用されていることを確認しました。

 

USBをRTXに接続し、USBにコンフィグを複製します。

# copy config 0 usb1:/config_yuuJitaku_rtx1200_r2.txt

 

USBはずします。
パスワードが平文で保存されているので確認します。

 

リストア

 

念の為、リストア前にshow configでメモしておきましょう。

# show config

※リストア前にバックアップファイルの中身を確認、show configでアナログに出力させてテキストにメモしておくことをおすすめめします。

 

 

初期化します。

# cold start

 

立ち上がったらログインします。

> administrator
Password:

 

USBを接続し、バックアップデータをconfig0にリストアします。

# copy config usb1:/config_yuuJitaku_rtx1200_r2.txt 0
Searching files in USB Memory... Done.

 

USBを抜き、再起動させます。

# restart
Restarting ...

 

これでOK!

 

 

TFTPを使用したバックアップとリストア

 

今度はTFTPを使っていきます。

# show environment

(略)

Packet-buffer:   0%(small)   0%(middle)   5%(large)   0%(huge) used
Firmware: exec0  Config. file: config0
Default firmware: exec0  Default config. file: config0 ←確認

(略)

 

# show config list

No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2018/04/05 08:06:02    4369 124/124
  0.1 2018/04/05 08:06:02    4369 125/125
  0.2 2018/01/15 16:54:39    4733 126/126
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------

config0が使用されていることを確認しました。

 

TFTP接続を受け付けるように設定しましょう。

# tftp host any

 

バックアップ

# tftp 192.168.100.1 get config0/パスワード config_r1.txt

 

 

リストア

> tftp 192.168.100.1 put E:\config_r1.txt config0/パスワード

※リストア前にバックアップファイルの中身を確認、show configでアナログに出力させてテキストにメモしておくことをおすすめめします。

 

 

再起動で立ち上げる

# restart

 

 

これできちんと動作しているか確認出来ればOKです!

お疲れ様です。

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)