開発

コードレビュー指摘ポイント

 

配列の初期化

配列で初期化を忘れずに。

 

型指定、戻り値指定漏れ

メソッドではわずれずに。

 

配列のキーが存在するかを確認してから参照しているか

isset()、array_key_exists()

 

foreachでループしすぎていないか。適当な関数があるのでは?

  • array_key_exists()
  • array_diff()による差分
  • array_intersect()による要素の共通項
  • array_intersect_keyによるキーの共通項
  • array_intersect_assocによる「キー => 値」の共通項

など

 

ORMでの戻り値のnullや配列の判定

nullではないことを判定してからプロパティを参照しているか

 

論理削除されているデータの取得

  • ->get() … 論理削除されているものは除外して取得
  • ->all() … 論理削除の区別なく取得

これを利用しているリポジトリのメソッドに注意する。

リポジトリは直接ORMのメソッドを利用せずtraitで多様するメソッドを定義しておくと良い
定義しておかないと、メソッド毎にチェックすることになる。

 

変数やメソッドの命名の適切性

嘘をついていないか

 

ネストとキャメルのコード規約

例)

  • 関数やクラスはキャメル
  • 変数はスネーク

 

ネストの階層が3までになっているか

4になっていたら、アーリーリターンや関数化して外出ししよう。

 

elseifは使わない

可読性が落ちるので。elseifは使わず、ifを並列にならべる

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員5名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)