AWS

Backlog GitのWebフックからServerless FrameworkでS3へ

AWS

 

環境

  • Mac Book Pro
  • AWS
  • Backlog

AWS Cliのインストール

 

 

 

 

※利用時

 

 

 

 

pipのインストール

 

 

boto3のインストール

 

 

 

Serverless Frameworkのインストール

 

 

 

Node.jsがインストールされたか確認

 

 

 

 

 

 

シェルへの再ログイン

 

 

 

 

Serverless Framework

 

 

 

テスト

 

 

 

handler.js
関数定義するためのスケルトン

 

event.json
ServerlessのCLIでファンクションを実行する際に
入力値となるデータを定義するファイルです。
Lambdaファンクション内でevent変数に展開されます。

 

※GitHubに上がっている既存サービスをインポートする場合

 

 

 

 

 

 

 

 

デプロイされたLambda関数をチェック

 

 

 

Tips

全体のデプロイ

 

関数単位のデプロイ

 

プロジェクトの削除

 

 

Backlog Git Webhook + API Gateway + Lambda

 

Backlog Git WebhookのJSONレスポンスサンプル

 

event.json

 

 

handler.py

 

 

 

デプロイする

 

  • BacklogのGitのWEBフックにAPIゲートウェアイのAPIのURLを指定
  • Backlogにpushすると、API Gatewayを通じてLambdaからS3にzip圧縮されてアップロードされる

 

さらにCodepipelineに繋げると、EC2までデプロイできる。

 

AWS S3 + CodePipeline + CodeBuild + CodeDeploy+ EC2

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)