メール, Linux, SEノウハウ

メール送信も行うWEBサーバでの必須設定

neko

ホスト名の設定

  • Postfixなどのメールサービスにホスト名を設定しよう
    そのホスト名はきちんとDNSの正引きが出来るようにしておくこと。

localhostになっていたらダメだよ!

 

逆引き

  • IPから正引きで参照されるホスト名と一致させる

結構設定されていないサーバが多い。スパムフィルタで受信拒否されるのできちんと対応するようにしよう。

 

SPF認証

  • 送信サーバのドメインやIPをSPFレコードとして登録する

 

 

TLS暗号化

  • 送信時のTLSは必須

必須です、必ず設定しましょう。

 

DKIM

  • SPFと似た仕組み
  • 現状は推奨レベル(2019年4月21日)、必須ではない。
    Gmailを基準として判断しています。

メルマガスタンドなどを作るならば当然設定した方が良い。

問い合わせの自動返信メールを行うWEBサーバレベルならDKIMまで設定しなくても大丈夫。

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)