YAMAHA SWX2300 show障害解析コマンド

 

ネットワーク障害時に見るコマンド

 

オートネゴシエーションと実際のリンクアップ状況、Dropパケットの確認

 

 

コリジョン、エラーカウンタの確認

 

 

 

リンクアップやリンクダウンのログ

 

 

カウンター情報の初期化

ポート1の情報を初期化する場合

状況再現をする場合にカウンターデータを初期化して、データを取得する為に使用します。

 

 

 

環境設定の確認

 

 

コンフィグの確認

 

 

ファームウェアバージョンの確認

 

 

VLAN

 

 

 

スパニングツリー

 

 

 

ループの確認

 

 

 

マックアドレステーブルの確認

 

 

 

l2ms

 

 

 

送信キュー使用率の表示

 

 

エラー検出機能の情報表示

 

 

 

SFPモジュールの状態表示

 

 

 

 

テクニカルコマンド

この記事で紹介したshow系コマンドをすべて実行する

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)