PHP

PHP CSVのヘッダー情報のカラムを動的に取得

PHP

CSVのヘッダーが動的に変更されて順番が変わる場合に使える記事です。

 

こんな風にやるよ

 

$csv_headers = ["id", "sex", "name", "job", "skill"];

// ヘッダーから動的にカラムのインデックスを取得
foreach ($csv_headers as $index => $column) {
    if (strpos($column,'id') !== false) {
        $row_job_index = $index;
    }
    if (strpos($column,'name') !== false) {
        $row_name_index = $index;
    }
    if (strpos($column,'job') !== false) {
        $row_job_index = $index;
    }
}

 

ポイント

strpos($string, ‘検索対象文字列’)

strposは文字列に存在しない時にfalseを返却します、そこを利用しています

    if (strpos($column,'id') !== false) {
        $row_job_index = $index;
    }

 

 

いやいや固定で決まっているんだ、

といった場合はconfig.phpファイルでも作って定義しておくと良いですね🐱

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)