Linux

シェルスクリプトのおまじない set -Ceu

 

シェルスクリプトを書くときは、set -Ceuを忘れずに記述する。

 

-C

リダイレクト先のファイルが存在していれば、
エラーとなり上書きされない。

 

-e

シェルスクリプトの途中でエラーが発生した場合に、
スクリプトを止める

-u

存在しない変数はエラーとなる ※最重要

backupdir = backup
rm -rf ~/”$backupdir”

/backupディレクトリが存在しない場合、
$backupdirは空文字になり、

rm -rf ~/

が実行される!!
これを防ぎます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)