Linux

Asterisk12.8.2 パーク保留設定

パーク保留設定部分のみを切り出したメモ

 

IP電話内線網 Asterisk12インストール パーク保留

Panasonic KX-UT136用プロビジョニング

詳細は寄稿先に詳しく載っています。

 

 

Asterisk設定ファイル

# vi /etc/asterisk/extensions.conf

(略)

[outbound-Daihyou]
exten => _0., 1,Set(CALLERID(num)= <電話番号>)
exten => _0., 2,Dial(SIP/${EXTEN}@siptr,120,T)
exten => _0., 3,Congestion
exten => _0.,104,Busy

exten => _1., 1,Set(CALLERID(num)= <電話番号>)
exten => _1., 2,Dial(SIP/${EXTEN}@siptr,120,T)
exten => _1., 3,Congestion
exten => _1.,104,Busy
;117等の特番へ外線発信する設定です

exten => _XX, 1,Dial(SIP/${EXTEN},120,T)
exten => _XX, 2,Congestion
exten => _XX, 102,Busy
;xxは内線桁数を表します(=2桁) 桁数が異なる場合は調整して下さい

;●パーク保留設定ポイント!
include => parkedcalls
exten => 701,hint,park:701@parkedcalls
exten => 702,hint,park:702@parkedcalls
exten => 703,hint,park:703@parkedcalls
exten => 704,hint,park:704@parkedcalls

 

# vi /etc/asterisk/sip.conf

[general]
enabled = yes
allowguest=no
maxexpirey=3600
defaultexpirey=3600
port=15060
bindport=15060
bindaddr=0.0.0.0
tcpenable=yes
udpbindaddr=0.0.0.0:15060
tcpbindaddr=0.0.0.0:15060
srvlookup=yes
disallow=all
allow=ulaw
language=jp
nat=force_rport,comedia

;BLF パーク保留で光らせる ●パーク保留設定ポイント!
callcounter=yes
busylevel=1

directmedia=yes

register => <SIPトランクID>:<SIPトランクパスワード>@siptr

;SIP behind NAT
externip=<SIPサーバグローバルIP>
localnet=<SIPサーバグローバルIP>/255.255.254.0 ;AWSネットワーク サブネットは適当で良い


[siptr]
type=friend
username=<SIPトランクID>
secret=<SIPトランクパスワード>
context=inbound
canreinvite=no
host=trunk2.cldpbx.com
insecure=port,invite
disallow=all
allow=ulaw
directmedia=yes
qualify=yes

;;バージョン10以下の場合
;nat=yes
;;バージョン11以上の場合
nat=force_rport,comedia


;======================================================================
; クライアント子機設定
;=====================================================================

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; 代表用子機
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


[21]
type=friend
username=21
secret=<子機パスワード>
host=dynamic
context=outbound-Daihyou
qualify=yes
nat=force_rport,comedia
sendrpid=pai ; ←●パーク保留ポイント(パーク保留での転送先で着信番号を表示させる)
subscribecontext=outbound-Daihyou ; ←●パーク保留ポイント(extentions.confでのアウトバウンドを指定)

[22]
type=friend
username=22
secret=<子機パスワード>
host=dynamic
context=outbound-Daihyou
qualify=yes
nat=force_rport,comedia
sendrpid=pai ; ←●パーク保留ポイント(パーク保留での転送先で着信番号を表示させる)
subscribecontext=outbound-Daihyou ; ←●パーク保留ポイント(extentions.confでのアウトバウンドを指定)

 

設定ファイルを複製してから、下記のようにする

# cat /etc/asterisk/features.conf

[general]
parkext => 700
parkpos => 701-704 ; ←●パーク保留ポイント(パーク保留エリア範囲)
context => parkedcalls
parkingtime => 300 ; ←●パーク保留ポイント(保留最大時間設定)
transferdigittimeout => 3
parkinghints => yes

 

 

Panasonic KX-UT136用プロビジョニング

WEBサーバ側にあらかじめ設定ファイルを設置しておきます。

※このページの内容について機器メーカーに問い合わせるのは控えて下さい。

 

注意

  • 1行目に”Panasonic~”のコメント
  • 最後に必ず1行の空行が必要

特に最後の空行が忘れがちなので気を付けましょ~!バッドノウハウ炸裂!

 

# vi /var/www/html/KX-UT136N-21.cfg
# Panasonic SIP Phone Standard Format File # DO NOT CHANGE THIS LINE!


#HTTPD 設定 常に起動
HTTPD_PORTOPEN_AUTO="Y"

## ボタン確認音 無音
KEY_PAD_TONE="N"

## NTP設定
NTP_ADDR="ntp.jst.mfeed.ad.jp"
TIME_ZONE="540"


## SIP1設定
PHONE_NUMBER_1="<電話番号1>"
SIP_AUTHID_1="21"
SIP_URI_1="21"
SIP_PASS_1="<SIPサーバパスワード>"
SIP_PRSNC_ADDR_1="<SIPサーバIP>"
SIP_RGSTR_ADDR_1="<SIPサーバIP>"
SIP_PRXY_ADDR_1="<SIPサーバIP>"
SIP_OUTPROXY_ADDR_1="<SIPサーバIP>"
SIP_SVCDOMAIN_1="<SIPサーバIP>"

# SIP1ポート
SIP_RGSTR_PORT_1="15060"
SIP_PRXY_PORT_1="15060"
SIP_PRSNC_PORT_1="15060"
SIP_OUTPROXY_PORT_1="15060"
SIP_SRC_PORT_1="15060"

# SIP1 NATキープアライブ秒数
PORT_PUNCH_INTVL_1="20"


## パーク保留設定
CALLPARK_KEY_ENABLE="Y"
CALLPARK_AREAKEY_ENABLE="Y"
CALLPARK_METHOD="2"

# 子機からSUBSCRIBEをサーバへ送信 60秒
SIP_SUBS_EXPIRE_1="60"

NUM_PLAN_PARKING="700"
NUM_PLAN_PARK_AREA="701"
NUM_PLAN_PARK_AREA="702"


FLEX_BUTTON_FACILITY_ACT21="X_PANASONIC_IPTEL_CONTACT"
FLEX_BUTTON_FACILITY_ARG21="701"
FLEX_BUTTON_FACILITY_ACT22="X_PANASONIC_IPTEL_CONTACT"
FLEX_BUTTON_FACILITY_ARG22="702"
FLEX_BUTTON_FACILITY_ACT23="X_PANASONIC_IPTEL_CONTACT"


## 回線切り替え
flex_button_facility_act2 = "x_panasonic_iptel_dn"
flex_button_facility_arg2 = "2"

 

 

回線が増える場合

## SIP2設定
PHONE_NUMBER_2="<電話番号2>"
SIP_AUTHID_2="21"
SIP_URI_2="21"
SIP_PASS_2="<SIPサーバパスワード>"
SIP_PRSNC_ADDR_2="<SIP2サーバIP>"
SIP_RGSTR_ADDR_2="<SIP2サーバIP>"
SIP_PRXY_ADDR_2="<SIP2サーバIP>"
SIP_OUTPROXY_ADDR_2="<SIP2サーバIP>"
SIP_SVCDOMAIN_2="<SIP2サーバIP>"

# SIP2ポート
SIP_RGSTR_PORT_2="15070"
SIP_PRXY_PORT_2="15070"
SIP_PRSNC_PORT_2="15070"
SIP_OUTPROXY_PORT_2="15070"
SIP_SRC_PORT_2="15070"

# SIP2 NATキープアライブ秒数
PORT_PUNCH_INTVL_2="20"

上記のようなコンフィグを追加してください、ポートはSIP1(回線1)と重複しないようにしましょう。

 

子機側を設定します

 

子機電話機を初期化します

  • 子機の【設定】→  #136 → 【工場出荷状態】→ 【決定】→ 【はい】→【決定】→ 【はい】

初期化と再起動が行われます。

IPアドレスの固定化と確認

  • 【設定】→ 【ネットワーク設定】 → 【ネットワーク】→ 【アドレス自動取得】

IPアドレスを取得できます。

  • 【設定】→ 【インフォメーション表示】→ ▼ボタンを一度押す → IPアドレスを確認

 

子機WEBサーバの起動

  • 【設定】→ 【ネットワーク設定】 → 【内臓WEB】→ 【オープン】

子機のWEBサーバが起動される

 

アクセスします。

http://子機IP

  • 初期ユーザ:admin
  • 初期パスワード:adminpass

 

プロビショニング

  • 【保守】>> 【プロビジョニング保守】>> 【スタンダードファイルURL】項目にプロビショニングファイルのアドレスを入力する

例)http://WEBサーバIP/KX-UT136N-21.cfg

を入力して、【登録】をクリックして10秒程度で子機に再起動が行われれば成功です。

 

 

フレキシブルキーの他機能

  • 回線の切り替え
  • 1ボタンでのダイヤル

 

[amazon_link asins=’B00W35H6SY,4274066835′ template=’ProductCarousel’ store=’izayoi55-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b3a5cbb3-c2ca-4c33-8c62-224f9d3bb313′]

 

 

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)