AWS

AWS EBS ルートボリュームの拡張

 

先に結論

2つの方法を検討する

  1. AMIからボリューム拡張した複製サーバを作成する
  2. EC2インスタンスを停止させてからEBS拡張する

例外として、
ローカルIPの変更が許されない場合に、スナップショットを取得したうえでEC2を動作させながらEBS拡張する。
理由として、シンプルに行うことがシステム稼働の安全につながる。

// 2017年頃のAWS EBSのアップデートにより、EC2稼働中のルートディスクも拡張できるようになっている

// VPCで作成されたEC2であれば、EC2のローカルIPは固定される。

一番安全な方法

  1. スナップショットからボリュームを複製してAMIから複製サーバを作る
  2. EIPを切り替える

最も安全な方法。

何が起こっても切り戻しができる

 

動かしながらがボリューム変更するのが良いでしょ?

EBSの拡張は問題なく出来るけれど、パーティションのリサイズで問題がでる場合がある。

  • ディスクに書き込みが激しい場合は、アプリを止めないといけないので良くない場合がある
  • 実際に動かしながら拡張できるかは環境による

サービスを運営をしながらで、常にディスクがビジーだと思うように作業ができないので危険。

 

ローカルIPの変更が許されない場合

  1. ボリュームの拡張前にスナップショットで複製してバックアップしておく
  2. インスタンスの停止からEBSを拡張する

 

以下はローカルIPの変更が許されない場合かつ、

  • EC2インスタンスを停止してから拡張する場合
  • EC2インスタンスを動かしたまま拡張する場合

※VPC内で構築していればローカルIP変更は起きない。

 

EC2インスタンスを停止してから拡張する場合

EC2インスタンスを停止してからAWSコンソールからEBSの拡張を行った。

 

 

拡張出来ている

簡単でいいね!

 

EC2インスタンスを動かしたまま拡張する場合

 

 

 

ここでAWSコンソールからEBSの拡張を行った

 

変わらない。

 

ディスク自体は拡張しているが、パーティションは変わっていない

 

 

ルートディスクがXFSの場合はresize2fsは使えない時に出るエラー

 

ファイルシステムの確認

/dev/xvda1の/はXFSである

 

パーティションの拡張

 

確認する

認識した

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)