【障害報告事例】なかなか原因を見つけにくいケーブルのトラブル

 

先に結論

下記を考えて問題がない場合、手作りLANケーブルの規格外による不具合を疑う

 

クライアント(人)

  • 障害時にクライアントが何かトリガーをひいていないかの確認
    ・抜けたLANケーブルをスイッチに接続することで、お客様が一時対応した(ループ)
    ・机を移動させた、
    ・セキュリティソフトを新規導入した
    ・UTMを導入した
    ・サーバを増設した、
    ・ビルの停電
    ・…etc

 

ネットワーク機器(ルータ, スイッチ)

  • LAN接続の接触不良
  • ハードウェア破損
  • コンフィグミス
    ネットワーク機器とクライアント端末のAuto-Negotiationと固定設定の不一致など
  • ログ
    ループやエラーパケットの有無

 

クライアント端末

  • LAN接続の接触不良
  • 異常設定
  • アプリの不具合
  • セキュリティソフト、スキャン
  • ネットワークファイルシステム

 

ISP プロバイダ

  • 工事
  • 通信障害など

ネット上で公開されているので確認する

 

 

 

 

障害報告事例  手作りによる規格外のLANケーブルによる不具合

 

障害内容

  • ネットワークの中で一部のパソコンの通信が出来ない

 

事象

  • ネットワークの中で一部のパソコンの通信が出来ない、LANスイッチのリンクランプは点灯する。
  • パソコンのLAN機能を10メガ・イーサネットに固定すれば,不調のパソコンでも通信できる
  • 配線はケーブルチェッカで確認、リンクアップも問題ない
  • 自作ケーブルをすべて市販のケーブルに取り替えた。するとすべてのパソコンが100メガで通信できるようになった。

 

 

原因

  • 手作りによる規格外のLANケーブルによる不具合

 

イーサネット・ケーブルは,内部に2本の心線をよって組にしたより対線が4組入っている。10メガ/100メガ・イーサネットでは,4組のうち2組をそれぞれ送信と受信に使って通信する。具体的には,コネクタのピン番号が1番2番の組と3番6番の組を使う。

信号線をより対にするのはノイズ対策のため。100メガ・イーサネットでは10メガに比べて高い周波数の電気信号を使って通信するので,外部からのノイズの影響は10メガより受けやすい。そのため,100メガ・イーサネット用のLANケーブルは,コネクタ部分でよりを戻す長さが13mmまでと規格で決まっている。また,実際に送受信に使うピン番号1番2番と3番6番が,それぞれ1組のより対線に接続されていなければ意味がない。

しかし,奥田さんは「作業を楽にするため,よりは多めに戻していた記憶があります。また,より対線は1と2,3と4,5と6,7と8のように隣り合わせで配線していました」という。この配線では,3番6番の組がより対の組にならない。コネクタ部分も含めて,通常よりノイズの影響を受けやすいケーブルが出来上がっていた。規格に合致しないケーブルがトラブルの原因になっていたのである。

 

恒久対応

  • 手作りのLANケーブルを市販のLANケーブルに交換を行った

 

 

 

原文

ネットワークを利用したり,運用するとき,残念ながらトラブルは避けて通れない。そこで今回は,そんなトラブルの事例を一つ見ていこう。

2003年の春のこと,イベント制作会社の新入社員だった奥田 敦司さんは,翌日から学会が開かれる会場の一角で原因不明のネットワーク・トラブルと格闘していた。このネットワークは,来場者に資料を印刷したりインターネットで調べものをするための環境を提供するもの。インターネットに接続された回線をLANスイッチで分配し,机に並べた10台くらいのノート・パソコンとプリンタをつなぐ小規模なネットワークである。

そのネットワークで,なぜか一部のパソコンがうまく動かない。LANスイッチのリンク・ランプは点灯するのに,通信できないのだ。

奥田さんは最初,パソコン側の設定ミスを疑って,LAN機能の設定をいろいろ変更して試していた。そのうちに,パソコンのLAN機能を10メガ・イーサネットに固定すれば,不調のパソコンでも通信できることに気づいた。100メガ・イーサネット対応のパソコンは,LANの速度の自動認識機能を持っている。この機能をオフにして,通信速度を10メガに設定すると通信できたのだ。

奥田さんは試しに,10メガでしか通信できないパソコンを別のLANケーブルにつないでみた。すると,ちゃんと100メガで通信できるではないか。ここで奥田さんは,LANスイッチとパソコンを接続するLANケーブルに疑いを持った。

パソコン・コーナーで使っていたLANケーブルは,市販のものと奥田さんたちが会場で手作りしたものが交ざっていた。トラブルを起こしたパソコンは例外なく自作ケーブルを使っていた。とはいえ,ケーブルの長さはどれも3~5mで過剰に長いわけではない。作った後にケーブル・チェッカで確認したので,配線ミスもないはず。接続するとリンク・ランプも点灯する。

半信半疑だったが,奥田さんたちは自作ケーブルをすべて市販のケーブルに取り替えた。するとすべてのパソコンが100メガで通信できるようになった。

このトラブルの原因はケーブルの作り方にあった。

イーサネット・ケーブルは,内部に2本の心線をよって組にしたより対線が4組入っている。10メガ/100メガ・イーサネットでは,4組のうち2組をそれぞれ送信と受信に使って通信する。具体的には,コネクタのピン番号が1番2番の組と3番6番の組を使う。

信号線をより対にするのはノイズ対策のため。100メガ・イーサネットでは10メガに比べて高い周波数の電気信号を使って通信するので,外部からのノイズの影響は10メガより受けやすい。そのため,100メガ・イーサネット用のLANケーブルは,コネクタ部分でよりを戻す長さが13mmまでと規格で決まっている。また,実際に送受信に使うピン番号1番2番と3番6番が,それぞれ1組のより対線に接続されていなければ意味がない。

しかし,奥田さんは「作業を楽にするため,よりは多めに戻していた記憶があります。また,より対線は1と2,3と4,5と6,7と8のように隣り合わせで配線していました」という。この配線では,3番6番の組がより対の組にならない。コネクタ部分も含めて,通常よりノイズの影響を受けやすいケーブルが出来上がっていた。規格に合致しないケーブルがトラブルの原因になっていたのである。

このトラブルでは,何台かのパソコンでたまたま問題なく通信できたために,真の原因にたどり着くのに時間がかかった。奥田さんは「100メガ・イーサネットがデリケートだと知っていたけど,これほどとは思っていませんでした」と語った。

山田 剛良

 

@see

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)