SQL, SEノウハウ

すべらないSQLによる本番マイグレーション

 

 

仕様変更によってremarksにあるデータをlogin_infoに移す本番マイグレーションがありました。

事業部に伝わる秘技

ポイント

  • 作業前バックアップ
    →ヤバくなったら戻せる

  • 立会いによるレビュー

  • トランザクションとカウントを駆使したマイグレーション
    マイグレーションを本番サーバ内のトランザクションを利用することで、
    更新対象を常に確認しながら実行することで精度を確実にする

 

事前準備

  1. ローカル環境で検証しながらSQLを作る
    例) remarksのデータをinfoに入れた後で、remarksをnullにする処理

 

 

2. SQLをSlackでレビューして貰います

3-1. Meetで画面教諭しながらチームメンバーに立会いして貰う

3-2. 本番テーブルのバックアップ
ダンプしたデータの件数やサンプルデータなどからきちんとダンプできていることを確認

3-3. 本番DBにログイン

$ sudo mysql -u hoge -p -h xxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com

本番DBでの操作

 

 

マイグレーションの実行

 

 

サーバを抜ける

 

 

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)