【gpedit.msc】Windows Update制御

gpedit.mscで普段はWindows Updateが自動で実行されないように制御しています。某WEBアプリのサーバで、WSUSはない環境です。

そんなサーバのWindows Updateのメンテナンス手順メモ。

 

 

gpedit.mscを検索します。

 

 

gpedit.mscをクリックして実行します。

 

フィルターが有効にしているので無効にします。

 

 

 

 

編集から無効にします。

 

 

 

 

これでwindows Updateを使用することが出来ます。

 

 

 

 

再起動を行ってWindows Updateを反映させます。

 

この後は無効にしたフィルターを有効にして、サーバからサインアウトします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)