PHP

FuelPHPでMVC

FuelPHP

前回FuelPHPのインストールを行ったので、実際にFuelPHPを利用してMVCを実現してみましょ~!

 

残念ながら私は毎日業務でプログラムを書いているわけではないので、色々やっているうちに忘れてしまう危険があります・・・!!そんなわけで、プログラム系もぼちぼち記事にしていこうと思います。

 

FuelPHP関連記事

  1. FuelPHP のインストール
  2. FuelPHPでMVC
  3. FuelPHPでScaffolding MySQLの利用
  4. FuelPHP Twig テンプレートエンジン導入

 

MVCって何もの?

MVCの役割

MVC

 

  • Controller データの振り分け制御(action)
  • Model データ,DBを操作。データの参照、登録
  • View 表示を行います

アクセス >> Controller >> Model >> Controller >> View

  1. ブラウザからURLにアクセス
  2. コントローラがURLに応じてActionを実行
  3. Model がデータを操作して返り値を取得
  4. Modelがコントローラにデータを渡す
  5. ControllerがViewにデータを渡す
  6. Viewがユーザにデータを表示

大まかな流れはこんな感じ。

URLが実行するコントローラとアクションを実行します。

 

例:http://IPアドレス/app/public/youkai/watch_chi

上記にアクセスするとyoukaiコントローラのwatch_chiアクションを実行することになります。

 

 

MVCで重要な目的

プログラムのロジックからViewを分離させることです。

これは4回目のFuelPHPのテンプレートエンジンを対応させるTipsでご紹介します。

 

 

コントローラをつくるよ!

 

# vi /var/www/html/app/fuel/app/classes/controller/komasan.php



<?php


class Controller_Komasan extends Controller
{
        public function action_index()
        {
                return "もんげぇ";
        }
}

 

 

 

http://IPアドレス/app/public/komasan

 

publicの後の/komasanを入力することでkomasanコントローラにアクセスし、action_index()発動します。

 

Modelの作成

Modelを作るよ。

Modelはデータを扱い、コントローラに渡し、コントローラはビューに渡して表示させます。

# vi /var/www/html/app/fuel/app/classes/model/watch.php

<?php


namespace Model;

class Watch extends \Model {

        public static function get_youkai() {
                $data = array();
                $data['name']    = 'komasan';
                $data['nakigoe'] = 'ちからがほしいかズラ?';

                return $data;
        }

}

 

 

Modelからデータを取得するコントローラのアクションを追加するよ!

# vi /var/www/html/app/fuel/app/classes/controller/youkai.php


<?php
use \Model\Watch;

class Controller_Youkai extends Controller {

        public function action_index() {
                return View::forge('youkai/index');
        }

        public function action_watch_chi() {
                $data = Watch::get_youkai();

                return View::forge('youkai/watch_chi', $data);
        }
}

 

 

 

ビューを作るよ

 

 

# mkdir /var/www/html/app/fuel/app/views/youkai
# vi /var/www/html/app/fuel/app/views/youkai/watch_chi.php

<html>
    <body>
        <?php echo $name; ?>『<?php echo $nakigoe; ?>』
    </body>
</html>
# vi /var/www/html/app/fuel/app/views/youkai/index.php

<html>
    <body>
        『妖怪がいる!?』
    </body>
</html>

 

 

FuelPHP

http://IPアドレス/app/public/youkai/

 

 

FuelPHP

 

http://IPアドレス/app/public/youkai/watch_chi

 

 

次はScaffoldingでデータの表示、入力、更新、削除機能をちゃちゃっと作成して、入力したデータをModelから利用してみましょう。

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)