Vuls 0.5 + Vuls Repo 0.2 + CentOS7.4

Vuls

既存環境のバージョンをまるっとVuls0.5に入れ替えました。

アップデートでいじるより一旦削除してクリーンインストールの方が楽かな~!

 

 

vulsユーザの既存のものを削除

 

 

goのインストール

 

環境変数設定

 

環境変数反映

 

go-cve-dictionary

 

CVE

 

OVAL

 

gost

 

 

Vuls

 

a. 以前にインストールしていた場合

 

b. 新規でインストールする場合

 

設定ファイル

 

 

構文テスト

 

 

スキャンとレポート出力

 

GUIモード

 

 

Vuls Repo

 

 

サーバ起動

 

アクセスする

http://192.168.xxx.224:5111/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)