Linux

Apache 2.2系(CentOS6)とApache2.4系(CentOS7)のSSL証明書設定の違い

 

大きな違い

Apache2.4系ではSSLCertificateChainFileがない。

※クロスルート証明書を設定すると、不特定多数のユーザからのアクセスを望む場合は、ユーザのクライアント環境が古い場合にアクセスできない場合があります。

 

証明書の設定の違い

Apache2.2系(2.2~2.4.7)

  • SSLCertificateKeyFile – 秘密鍵
  • SSLCertificateFile – サーバ証明書
  • SSLCertificateChainFile – 上:中間CA証明書、下:クロスルート証明書

 

 

Apache2.4系(2.4.7~2.4.8以降)

  • SSLCertificateKeyFile – 秘密鍵
  • SSLCertificateFile – 上:サーバ証明書、中:中間CA証明書、下:クロスルート証明書

 

 

 

設定の違い

 

Apache2.2系(2.2~2.4.7)

 

Apache2.4系(2.4.7~2.4.8以降)

 

 

  • @see https://qiita.com/bageljp@github/items/6b9876b7571852284ead
  • @see https://knowledge.symantec.com/jp/support/ssl-certificates-support/index?page=content&actp=CROSSLINK&id=SO28069

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)