Kotlin

Kotlinはじめます。Android Studio

 

事業部有志でアプリ開発なのだが、私もKotlinを覚えて参加したいのだ(。- .•)

 

 

入門を見ながら頑張ります。

  • Kotlin対応版
  • ハンズオンでたくさんサンプルアプリが作れる

この2つの理由で選びました。良い本です。

 

対象読者

演習しながらのメモ帳です。

気になったら本を買ってみてください、わかりやすくておすすめです。このメモでは私がひっかかったところとか、大事だなってポイントをメモしているものです。

 

まずは開発環境をゲットするのだ

 

Android Studio for Mac

 

 

インストール完了

なかなか格好よろしいな。

 

 

 

 

端末設定

 

上記のアイコンの【AVD Manager】を選択します。

 

 

【Create Virtual Device】をクリックします。

 

 

私のXperiaなんてものがあるわけもなく、【Nexus 5】を選択するのだった。

 

 

PieのDownloadをクリックして、SDKのダウンロードが終わってから、【Next】をクリックします。

 

 

 

チェックボックスを空にして、【Finish】をクリックします。

 

 

再生ボタンを押します。

 

 

画面が現れたら、上にスワイプします。

 

言語設定

 

【Setting】をクリックします。

 

【System】を選択

 

【Languages & input】を選択

 

 

【Add a language】をクリックします。

 

 

最下部付近にある【日本語】を選択します。

 

 

【日本語(日本)】のハンバーガーマークをドラッグして上にもっていきます。優先度があがるのです。

 

こんな感じ!

 

【仮装キーボード】をクリックします。

 

【言語】を選択して、

 

 

【キーボードを追加】をします。

 

 

【日本語】をクリックします。

 

【完了】をクリックします。

 

日付と時刻で、『GMT+09:00 日本標準時』になっていることを確認して、■をクリックします。

 

日本語化されました。

 

 

Hello World! ビルドしてみよう

 

【ビルド】ボタンを押します。

 

 

ビルドされてHello World!が表示されました。

 

だいたいわかってきましたね。

 

これからエディタでGUIで画面設計しつつ、細かい部分でKotlinをしこしこと紡いでいく作業に入ります。

 

開発の流れ

  1. プロジェクトの作成
  2. res/layoutフォルダのlayout.xml
    画面構成を設計
  3. javaフォルダの.ktファイル
    アクティビティなどを .ktファイルに処理を記述
  4. res/valuesフォルダのstrings.xml
    表示文字列をきじゅつ
  5. アプリをビルドして動作確認する

 

単位

  • 解像度がスマホによって異なるので開発でpxは使用しない。
  • dp, spを利用します。

 

2つのファイルとGUIのデザインモードを利用してしあげる。

  • res/valuesフォルダのstrings.xml
  • res/layoutフォルダのlayout.xml

Visual Studioライクですね。

WEBのHTML的なのは終わり。

次はイベントへ!

 

リソース管理のRクラス

java/com.example.viewsample/MainActivity.kt

 

このRをR値と呼ぶ。

 

 

 

 

イベントとリスナ

 

オーバーライド

  • 親クラスを継承した時に子クラスで定義し直すことをオーバーライド
  • Kotlinでは定義し直すメソッドに対して、overrideをつける必要がある

 

MainActivity

activity_main.xml

etNameという名前で対応している

 

valとvar

  • val 読み込み専用。Getter
  • var 読み書き可能。Getter, Setter

 

 

import

 

インターフェイスとかオブジェクトをimportしたい時

  1. 文字をドラッグで選択状態にする
  2. Option+Enterを押す
  3. セレクターが現れるのでImportを選択する

 

P112

 

android.RはR値が記述されたクラス。このクラスをimportすると、独自のRクラスが読み込まれなくなるので、importしてはいけない。

 

 

ダイアログ

ダイアログ生成クラスを作成する必要があります。

 

 

 

 

 

コンストレイント

 

P129

ビジュアルモードでTextviewを選択して、右のLayoutを押すとGUIでマージンなどを操作できる。

 

  • Designモードで、入力用のフィールドをラベルに所属させてあげる。
  • Plain Text, Email, Multipleなど使い分ける。

 

 

  • etNameの上ハンドルをetTitleの下に連結
  • etNameの左ハンドルをtvNameの右に連結

これで横並びにできます。

 

ガイドライン

メニューからAdd Vertical Guidelineを選択します。

 

 

 

ボタンのチェイン化

  1. コンストレイントで横を繋げる
  2. 3つのボタンを選択した状態右クリック
  3. Create Horizontal Chainを選択する

 

ボタンの均等配置

Chainでグループになっているボタンの、1つだけを選択して右クリックし、【Cycle Chain mode】をクリックします。

 

すると均等配置になります。

 

画面遷移

 

MainActivity.kt

 

それぞれ対応している

 

画面遷移のコードと新画面のコードを記述する

 

 

 

 

Unchecked cast: Any! to MutableMap<String, String>の回避

きっとこれは良くない、良くないが。。良くないが。。

 

P169

誤植?

本のサンプルコードで動かず。

WEBのサンプルコードと異なっていたが差し替えたら動いた。

 

 

Logcat

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)