SEノウハウ

DNSのレコード変更の前にTTLを短くしておこう

 

WEBサーバのリプレイス案件など、予めTTLを短くしてならしておく。

# vi /var/named/master/example.net.zone

$TTL 86400 ←これ
@   IN  SOA ns1.example.net. root.example.net. (
            2014100807  ; Serial
            3600        ; Refresh
            900         ; Retry
            2419200     ; Expire
            600         ; Negative cache TTL
            )
        IN  NS  ns1.example.net.
        IN  NS  ns2.example.net.
        IN  MX  10 mail1

ns1     IN  A   210.xxx.84.68
ns2     IN  A   210.xxx.82.197
@       IN  A   210.xxx.84.68
www     IN  A   210.xxx.84.68
mail1   IN  A   210.xxx.84.68
catchallmail.net. IN TXT "v=spf1 ip4:210.xxx.84.68 ~all"

86400など設定されていることもあるので、1200程度に減らしておくと良いです。

 

 

  • 1200秒 = 20分
  • 86400秒 = 1日
  • 604800秒 = 1週間

 

 

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)