AWS

AWS GuardDuty+Chatbot+Slackで通知

AWS

 

事前準備

1.Slackチャンネルの作成

Slackに通知用のチャンネルを準備しておきます。

「test-alert」として「作成」をクリックします。

https://hogehoge.slack.com/archives/C023GG5SJAX

「C023GG5SJAX」がidとなりますのでメモに控えましょう。

 

2.SNSの作成

「test-aws-chatbot-notification(任意)」と入力し、「次のステップ」をクリックします。

 

「トピックの作成」をクリックします。

 

 

Chatbotを作成します

 

チャットクライアントにて「Slack」に切り替えて、「クライアントを設定」をクリックします。

 

「許可する」をクリックします。

 

「新しいチャンネルを設定」をクリックします。

 

 

 

「test-aws-chatbot-notification」のトピックを選択します。

「設定」をクリックします。

 

これでチャンネルができました!

 

実際にアラートを出してみましょう

 

 

「CloudWatch」でアラームを作成します。

 

 

監視を行いたい項目で設定します。今回はCPUUtilization(CPU使用率)を選択しました。

 

 

テスト用ですぐにアラート出したいので「0.01」%としました。

 

通知の項目で、先ほど作成したSNSのトピックを選択します。

 

 

 

グラフィカルな通知を受け取ることができます。

 

GuardDutyとも連携させよう

「今すぐ始める」を選択します。

 

「GuardDutyの有効化」をクリックします。

 

「CloudWatch」のイベント項目の「ルール」をクリックします。

「ルールの作成」をクリックします。

 

  • サービス名
    GuardDuty
  • イベントタイプ
    すべてのイベント
  • ターゲット
    SNSトピック
  • トピック
    *事前準備で作成したトピック

 

「設定の詳細」をクリックします。

名前を「GuardDuty(任意)」として、「ルールの作成」をクリックします。

 

テスト送信してみよう

 

「設定」から「結果サンプルの作成」をクリックします。

 

サンプル例が生成されました。

この通知が5分後に

CloudWatch->SNS->Slackへ通知されます。

 

リージョン毎にCodeDutyを有効化して設定してくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

爆速レンタルサーバならConoHa WING

 

サーバはプロに全部お任せ!「仕事」に専念したいあなたにおすすめです。

   

ConoHa VPSで運営してま🐱

 

サーバの勉強がしたいあなたにおすすめ!現役エンジニアの管理人が選んだ、WordPress運用に適したVPSの終着点

   

ConoHa VPSで爆速WordPressを作ろう! 

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員3名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)