RDB, SEノウハウ

DB, API設計でのINT型

 

DB, API設計でのINT型留意点

  • データベース設計の正規化ではnullは不許可
  • WorkBenchのフラグ欄を真偽値型のBoolean(TINYINT)を選択する
  • Swagger Editor
    ・真偽値はtypeをbooleanにする
    ・21億4,000万
    ・超える可能性がある →BIGINT
    ・超えない → INT32

自動採番の主キーはBIGINT(INT64)にしています。
→LaravelのマイグレーションでのデフォルトがBIGINTになったから。

Swagger Editor

 

 

ifの比較

  • if(flag === true)は一見すると可読性が高い?が書かない。
  • 理由としてifはtrueかfalseで判定するものだから。

 

 

INT型の種類

  • TINYINT ・・・真偽値に利用
    0 〜 255
  • SMALLINT(int16)
    -32,768 〜 32,767
  • INT(int32) ・・・汎用の数値に利用
    21億で収まる値
    2,147,483,648 〜 2,147,483,647
  • BIGINT(int64) ・・・Auto Increntなどの自動採番idに利用
    数十億になりそうな値。
    -9,223,372,036,854,775,808 〜 -9,223,372,036,854,775,807

 

Laravel マイグレーション INT型生成

 

Boolean型

 

INT型

 

自動採番 + INT型(INT32)

 

自動採番 + BIGINT型(INT64)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)