開発

Git-flow + GitLab.com

 

 

ツール

 

Gitlab-Flowの流れ

  1. backlogに課題を登録
  2. リモートでdevelopからfeatureブランチを作成
    feature/{課題番号}/{機能についての簡単な英語}
  3. ローカルのリポジトリでpullを行う
  4. ローカルのfeatureブランチで作業を行う
  5. 編集したファイルだけadd, commitしてリモートのfeatureブランチにpushする
  6. featureブランチについてチームメンバーにレビューして頂いてOKをもらう
  7. リモートdevelopブランチにマージリクエストを送る
  8. リモートのdevelopにマージして貰ったら、pullしてローカルのdevelopブランチを最新にする

 

リモートリポジトリ

  • master
  • develop
  • feature/{課題番号}/{機能についての簡単な英語}
    作業が終わったら削除する

 

ローカルリポジトリ

リポジトリの役割

  • master
  • develop
  • feature/{課題番号}/{機能についての簡単な英語}
    作業が終わったら削除する

 

 

Gitlab-Flowをする為に複アカウントを作りました

  • 管理側アカウント
    featureブランチで作業してdevelopへのマージリクエストを送る。
  • 開発アカウント
    マスターアカウントとなる。
    developへのマージリクエストを受け付ける

 

管理側アカウント(マスター)での作業

 

リポジトリの作成

【Create a project】をクリックします。

 

 

  • リポジトリ名を入力
  • 公開範囲
    Private
  • Initialize repository with a READMEにチェック

 

 

リポジトリが作成されました。

 

 

 

issueの作成

 

issueのタイトルを入力して【Submit issue】をクリックします。

 

issueができました。

 

ブランチの作成

 

developブランチを作成しました。

 

feature/{課題番号}/{課題のタイトル ※会社は英語表記}ブランチを『develop』から作成します。

 

  • master
    このまま本番環境へリリースする製品ブランチ。ユーザが利用している製品にデプロイされる、バグ = 死。
  • develop
    ステージング。masterにアップする一歩手前、バグは許されない。
  • feature/{課題番号}/{課題のタイトル}

2ブランチを作成しました。

 

 

開発アカウントを招待する

 

歯車マークから【Members】を選択します。

 

  • GitLab member or Email address
    GitlabのIDかメールアドレスを入力
  • Choose a role permission
    『Developer』

【Add to project】をクリックします。

 

追加されました。

 

 

開発アカウントでの作業

 

作業アカウントにリポジトリが作成されています!

 

 

https側でコピーします。

Clone先として空のフォルダを用意してください。

 

 

必要情報を入力して【クローン】をクリックします。

 

クローンされました。masterブランチ以外も取得したいので【フェッチ】しましょう!

 

 

 

リモートブランチの項目でfeatureブランチをダブルクリックします。

 

 

【チェックアウト】をクリックします。

 

 

 

ローカルにfeatureブランチができました。

 

ローカルのfeatureブランチをダブルクリックして、チェックアウトしてください。

 

 

 

テスト用のファイルを作成します。

 

 

 

左下のチェックを入れて、コミット&プッシュします!

 

 

管理側アカウントでの作業

管理アカウントのリモートリポジトリにローカルリポジトリのfeatureブランチがpushされています。

ここでチームメンバーにレビューして貰います。

=> オーケーが出た!

 

開発アカウント作業

【Create merge request】をクリックして、マージリクエストを作成します。

 

 

into masterとかいう不穏な文字列が見えますね。。

【Change branched】をクリックします。

 

 

 

【Submit merge request】をクリックします。

 

 

管理側作業

 

 

 

【Merge】ボタンをクリックします。

 

 

developにマージされました。

お疲れ様です!

 

 

 

[amazon_link asins=’4863542178,B07T5995HK’ template=’ProductCarousel’ store=’izayoi55-22′ marketplace=’JP’ link_id=’bf022b01-665e-4beb-a1d9-744e4022d577′]

 

[amazon_link asins=’B07JLQD763,B07JLJSDMJ’ template=’ProductCarousel’ store=’izayoi55-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8a58cec2-9966-4bfc-a635-7a500846d5de’]

 

Laravel, AWS ポートフォリオ作成サポート! 定員5名

https://menta.work/plan/2381

Laravel, AWSによるポートフォリオ作成を通して、エンジニア転職をサポートします

Git-flow + GitLab.com”への2件のコメント

  1. 会社で待機中の身、GitLabを勉強しています。とても参考になりました。
    【Change branched】で変更せずにcontinueしてmasterにマージしてしまいました。(やっちまった)
    この場合、developは古いままなので、削除しましたが、通常運用だとmasterを戻して、developにマージしてからmasterにマージするのでしょうか?
    また。sourcetreeは残骸がのこっているような?
    またまた、soucetreeを使用せずVSCODEでも可能と思いますが結構なコマンド入力になりそうですね。

  2. >通常運用だとmasterを戻して、developにマージしてからmasterにマージするのでしょうか?

    ●通常
    developからリリース用のブランチを作成して、
    リリース用ブランチからmasterにマージです。

    ●やっちまった
    >【Change branched】で変更せずにcontinueしてmasterにマージしてしまいました。(やっちまった)

    masterから修正用のブランチを切ります。
    修正用のブランチで誤ったマージをリバートします。
    修正用ブランチをmasterにマージします。

    ●やっちまったが問題ない場合
    そのまま。次から気をつけよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)