Cisco

Cisco VLAN ノート

 

【マルチレイヤスイッチに必要な設定】

— L3スイッチに設定 —

  • ルーティングの有効化
  • SVI(Switch Virtual Interface)の設定
  • インターフェイスのVLAN割り当て

 

【ルータ・オン・ア・スティックによるVLAN間ルーティングの設定例】

 

— L2スイッチに設定 —

  • ルータとの接続ポートをトランクポートに設定

 

— ルータに設定 —

  • VLANごとのサブインタフェースを作成
  • トランク用のVLANカプセル化タイプの指定とVLAN IDの指定
  • サブインタフェースにIPアドレスを設定

 

 

 

 

デフォルトルート

デフォルトルートを設定する場合は、ip classlessを入力すること。これを設定しないとデフォルトルートが有効にならない。

 

VLAN間ルーティングの有効化

マルチレイヤスイッチでルーティングを有効化する為にip routingコマンドが必要。

ルータはデフォルトで有効になっています。

 

 

 

ゼロサブネット

ネットワーク部がすべて1かすべて0になっているネットワークアドレス。デフォルトでゼロサブネットが有効になっています。

ゼロサブネット有効/無効による、アドレス数の変化

ゼロサブネット有効

  • ネットワーク数:2^ビット数
  • ホスト数:2^ビット数-2

ゼロサブネット無効時

  • ネットワーク数:2^ビット数-2
  • ホスト数:2^ビット数-2

 

@see ping-t

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)