メール, Linux

Sendmail ラピッドサーバ SORBSとSpamhausの無効化

 

ラピッドサイトサーバはデフォルトでRBL(Realtime Blackhole List)のSORBS, Spamhausが有効になっている。その為に、取引先のメールーサーバがSpamhausのブラックリストに載っていて受信が出来ないといった不具合が発生する場合がある。

今回はラピッドサーバのSendmailのRBL設定を解除する記事です。

 

作業前バックアップ

 

# rsync -arv /etc/mail/ /etc/mail_20190513_bak/

# cp /etc/mail/sendmail.mc /etc/mail/sendmail.mc_20190513_bak
# cp /etc/mail/sendmail.cf /etc/mail/sendmail.cf_20190425_bak

 

RBLのsorbsとSpamhausを無効化する

FEATURE(`dnsbl',`dnsbl.sorbs.net',`Rejected - see http://www.au.sorbs.net/lookup')
FEATURE(`dnsbl',`sbl-xbl.spamhaus.org',`Rejected - see http://www.spamhaus.org/lookup.lasso')

↓変更

dnl FEATURE(`dnsbl',`dnsbl.sorbs.net',`Rejected - see http://www.au.sorbs.net/lookup')
dnl FEATURE(`dnsbl',`sbl-xbl.spamhaus.org',`Rejected - see http://www.spamhaus.org/lookup.lasso')

 

設定ファイル有効化

# cd /etc/mail/
# m4 sendmail.mc > sendmail.cf

 

Sendmailに反映させます

# service sendmail restart

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)