許すこと

「母が喜んで泣いていた、花嫁衣裳を譲るって」

「私には着られないわ、お母さまとは体のつくりが違うし」

「直せばいい」

「だめよ、実は結婚できないの」

「どうして?」

「だって、本当は金髪じゃないの」

「いいさ」

「煙草も吸うのよ」

「いいよ」

「サックス吹きと3年も暮らしていたの」

「許す」

「子供が産めないの」

「養子を」

「分かってないな、俺は男だ」

「完全な人間はいない」

 

>ギャングから逃げるために女装をして女性楽団に潜り込んだジョーとジェリー。ジェリーはなぜか富豪に見初められ、猛烈なアタックを受けることに。「本物の金髪じゃないのよ」「タバコも吸うわ」など、どれだけのマイナス要素を語ったところで、愛の前では意味をなさない。「男なんだよ!」と打ち明けても、富豪は「完璧な人なんていやしないさ」とケロリと言ってのける。強く励まされると同時に、相手にも完璧を求めてはならないことを知ろう。「長所+欠点」がその人を形作り、それを丸ごと包むのが愛。

@see http://eiganokotoba.jp/M208

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)