狂うこと

 

孔子の論語 狂狷

子路第十三の二十一 狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり

子曰、不得中行而與之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有所不爲也。

子曰わく、中行を得てこれに与(クミ)せずんば、必ずや狂狷か。
狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり。

 

要約

  • 最上である中庸の徳を心得た人を最も友として求めたいがそう近くにはいない
  • 狂者か狷者のどちらかを選ぶしかない
  • 狂者(理想家)は情熱的で志が大きく進取に富む
  • 狷者(頑固者)は堅くなに潔癖で不善を行わない
  • 極端であっても狂者か狷者と交わるべきである

世間の人からしたら、狂者と狷者はどちらも獣。

 

 

講孟箚記

狂者にあらざれば興すこと能(あた)わず。
この道を守るには、狷者にあらざれば守ること能(あた)わず。

 

 

狂愚

狂愚誠可愛 / 狂愚は誠に愛すべきもので
才良誠可虞 / 才良は誠に恐るべきものだ
狂常鋭進取 / 狂人は常に鋭く新しい物事に取り組み
愚常疎避趨 / 愚者は常に危険を避けたりしない
才多機變士 / 才人には変節漢が多く
良多郷原徒 / 良識者とされる者は八方美人が多い
流俗多顚倒 / 俗世間の評価はしばしば転倒していると
目人古今殊 / 古今の人物を見れば殊更に思われる
才良非才良 / 才良など本当は才良ではないし
狂愚豈狂愚 / 狂愚のなにが狂愚であろうか

@see
http://school.nijl.ac.jp/kindai/OWND/OWND-00063.html#47
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12185004212

 

 

  • 情熱を持ち鋭く取り組み行動すること
  • 自己を信じてただひたすらにまっすぐ突き進むこと
  • 枠からはずれ広がる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)